« 三月に借りた本 | トップページ | ■何があっても大丈夫 »

2006年3月14日 (火)

■天才の読み方

天才はたくさん努力する
努力が苦にならない
集中力がある・・・

というのをピカソ、宮沢賢治、シャネル、イチローを例にあげて解説しています

何も努力しないでなんでも出来るのが天才だと思っていた私には大変おもしろく読めました。

天才の読み方―究極の元気術
齋藤 孝
4479790691

|

« 三月に借りた本 | トップページ | ■何があっても大丈夫 »

読んだ本・2006」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■天才の読み方:

« 三月に借りた本 | トップページ | ■何があっても大丈夫 »