« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

■はじめての文学 桐野夏生(BlogPet)

hapimamaの「■はじめての文学 桐野夏生」のまねしてかいてみるね

桐野夏生さん初読み。
この本を読むか迷うとき、このような毒を感じることがあるとあって、帯にしびれて、あとがきは気の小説にはとてもありがたいです?
どの本、あとがきは毒に毒を読むか…。

*このエントリは、ブログペットの「うさこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

■はじめての文学 桐野夏生

桐野夏生さん初読み。

どの本を読むか迷うとき、このようなアンソロジーはとてもありがたいです。


この本、帯には

キリノの毒にしびれてみる。

とあったり、あとがきは

小説には毒がある

と書いてあるだけあって、確かに強烈な毒を感じました。

女性の作家さんの小説に毒を感じることが多いのは気のせいでしょうか…。


はじめての文学 桐野夏生
はじめての文学 桐野夏生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

■はじめての文学 重松清

重松清さんの小説、読んでみたかったのですが、沢山でているのでどれから読んでみたらいいのか迷っていました。

で、図書館の子供向けの棚にあった「はじめての文学」シリーズに重松清さんがあったので、とりあえずここから読んでみようかなと。

「若い人読者へ向けた自選アンソロジー」というだけあって、おもな登場人物が10代ばかり。
なんとなくさわやかな感じがしたのはそのせいでしょうか…。
今読むと子どもの頃の気持ちを思い出し、親の気持ちもわかるお話なのでした。


はじめての文学 重松清 (はじめての文学)
はじめての文学 重松清 (はじめての文学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

■家日和

奥田英朗さん初読みです。
今まで気にしたことのない作家さんでしたが、「港町食堂」の文庫版をみて読んでみたくなり図書館で借りようとしたけど貸出中だったので、表紙がいい感じだったこの本を借りてみました。

読んでみると、予想以上によかったです。
家がテーマの短編集ですが、重すぎず、毒もなく、暗くも怖くもない、あっと驚く結末でもはないし、ププッと笑いそうになったり…。
安心して読めるお話ばかりでした。

いちばん気に入ったお話は、「ここが青山」かな。
家事をやってみたら意外と向いていた。とか
再就職してみたら働くほうがあっていた。とか
どちらでもない私なので、自分がこうだったらよかったのにという願望がはいってます。


これは文庫化されたら買ってしまうかも…。というくらい気に入りました。


家日和
家日和


最近、本を読む意欲が低下していたところでしたが、久しぶりに楽しく読めた本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

8月に借りた本(BlogPet)

hapimamaの「8月に借りた本」のまねしてかいてみるね

夏休み中図書館は控えようと思ってしまいましたの発言にのっていた。
・ハーブ-育てるハーブ-育てるハーブ-育てるハーブ-

*このエントリは、ブログペットの「うさこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

8月に借りた本

夏休み中図書館は控えようと思っていたのだけれど…

「工作の本を借りたい」

という子どもの発言にのってしまいました。
今回初読みの作家さんばかり借りてみました。


・家日和

・はじめての文学 桐野夏生

・はじめての文学 重松清

・ハーブ -育てるハーブ・食べるハーブ-

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

自分(BlogPet)

きょうは、hapimamaは自分っぽい浄化したかも。

*このエントリは、ブログペットの「うさこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

月(BlogPet)

きのうは月号野菜へ読了するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「うさこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »