« 1月購入本・雑誌 | トップページ | 読書メーター 1月のまとめ »

2011年1月26日 (水)

■どろんころんど

アンドロイドのアリスが目覚めたら、ヒトはいなくなっていてどろんこの世界だった…。


-----
ボクラノSFシリーズの中の1冊。図書館でも児童書の棚にありました。普通なら気付くことのない本ですが、
「ダ・ヴィンチ」1月号の
"本読みのプロが選ぶ、「とっておき」の今年の3冊"
に載っていたから読んでみる気になりました。
ダ・ヴィンチ 2011年 01月号 [雑誌]
去年のこのコーナーでは『ハーモニー』を見つけたので、今回も期待して読んでみました。
-----


どろんこだらけでへんてこな世界ですが、ヒトがいないこんな世界になった理由などはちゃんとSFでした。ちょっとこわい。

文庫本だったら買うのにーっと思ったのですが、装丁や活字とイラストがすごーく凝っているので、これはこのままで素敵だと思います。
と、思ってたら、装丁は祖父江慎さんでした。納得。


どろんころんど (ボクラノSFシリーズ)
北野勇作 鈴木志保
4834025772

|

« 1月購入本・雑誌 | トップページ | 読書メーター 1月のまとめ »

読んだ本・2011」カテゴリの記事

読んだ本・SF、ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■どろんころんど:

« 1月購入本・雑誌 | トップページ | 読書メーター 1月のまとめ »