« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

2月購入本・雑誌

今月の購入本まとめです。
図書館本も返却期限までに読むのがやっとだった今月、
購入本のなかで読了したのは1冊のみ…。
積読本が増えてきました(汗)

【2月購入本・雑誌】

『小飼弾の「仕組み」進化論』
『ゆるく考えよう』
『モノに振りまわされない!片づけのコツ』
『年金は本当にもらえるのか?』
『あれも、これも、おいしい手作り生活。』
『象られた力』
『自由をつくる自在に生きる』
『一生、読書好きになる 本の選び方』

クロワッサン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ナガオカケンメイの考え

ナガオカケンメイさんというと「デザイン関係のひと」ということしか知りませんでした。
本の写真でお顔を初めて知る。
もっと年配のかたかと思ってました(汗)
新潮文庫のイメージとちょっと違った感じのスッキリした表紙につられて読んでみる気になりました。


ブログの日記のようですが、真剣な想いを感じます。

この本を読んだら、あぁ、私はもう会社勤めはできない…。と、いうか社会に出れない…。と敗北感。
書かれていることは当たり前といえば当たり前の事ばかりだけど、今の自分に、こんなに真剣に仕事に向かっていく能力と気力はあるのかしら?

いろいろ考えてしまいました。

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)
ナガオカ ケンメイ
4101306214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

■地球最後の日のための種子

■地球最後の日のための種子
表紙の写真は何の生き物かと思ったら、発芽した種だったのですね…。
何の種子だろう?


種子がなくなったら、食べ物もなくなってしまう。
よく考えればあたりまえなことだけど、考えたこともなかった。

種子を集めて保存する。そんな地道なことを続けていた研究者達の存在をもっと多くの人が知ってたほうがいいのではないかと思ったのでした。

地球最後の日のための種子
スーザン・ドウォーキン 中里 京子
4163731504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

2月に借りた本・2

ほかにもいろいろ借りようと思ったのですが、また読み切れなかったらいやだなあ…と思って今回は1冊だけ。

・ナガオカケンメイの考え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

■アクロイド殺人事件

■アクロイド殺人事件
アガサクリスティの推理小説は有名なものが多いけど意外とワタシは読んでいないかも…。

そう思って、今年はクリスティの超有名作品だけでも読もうと「オリエント急行殺人事件」に続き借りてみました。

あらすじを簡単に言うと…
アクロイド氏が殺されて、ポアロさんが犯人を探すお話です。

「オリエント急行殺人事件」は映画も断片的に観たりしていてなんとなくオチを思い出したのですが、これは全く未読。ポアロものだけど今回もへイスティングズ君はでてこないんだー残念・・・と呑気に素直に読んでいたので、
えーっ!犯人この人なのっ!!
と、すっかりだまされました。さすが傑作と言われているだけあります。一度は読んでおきたい本だと思いました。


アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie
4151300031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

2月に借りた本

今回子どもが風邪ひいたりして、期限内に読み切れず2冊借り直してしまいました…なんかくやしい。


・喜嶋先生の静かな世界

・人生は1冊のノートにまとめなさい

・地球最後の日のための種子

・キッズの歯並び・すくすくスクール

・抜かない歯医者さんの矯正の話

----------

こちら再び借りた本

・タイニーストーリーズ

・アクロイド殺人事件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

■徒然草

「つれづれなるままに…」から始まる徒然草。

そういえば、家は夏向きに作れ。とか書いてあったのはこの本だったはず…。
このあやふやな記憶をハッキリさせたくて読んでみました。


「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。」

…ちゃんとありました(ホッ
実は自信がなくて方丈記も借りてみたりしてました(汗)

現代人なワタシは、冬はいかなる所にも住まる、なんてとてもとても無理。だって寒いじゃん。
しかし最新設備のマンションなどもきっと私には居づらくて住めないのだろうなあと思うのです。


徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
角川書店
4043574088

読んでみたらこの本には全段収録されてはいなかったです。読みやすかったのでこんなふうに訳と解説付きだったら全文読んでみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

読書メーター 1月のまとめ

今年も読書メーターのまとめを載せていきます。
今月からは図書館本だけでなく購入本も読了したら記録してます。


1月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:4133ページ

百歳まで歩く―正しく歩けば寿命は延びる! (幻冬舎文庫)百歳まで歩く―正しく歩けば寿命は延びる! (幻冬舎文庫)
[購入] 今年の目標は正しい歩き方で歩くこと。
読了日:01月07日 著者:田中 尚喜
精進百撰 (岩波現代文庫)精進百撰 (岩波現代文庫)
[購入] シンプルな料理。
読了日:01月07日 著者:水上 勉
マキコミの技術マキコミの技術
[購入] マキコミ面白そう。ブログも続けよう。
読了日:01月07日 著者:コグレマサト,いしたにまさき
娘に贈る家庭の味―赤坂「津やま」もてなしの心 (文春文庫)娘に贈る家庭の味―赤坂「津やま」もてなしの心 (文春文庫)
[購入] ハイレベルな家庭料理・・・。
読了日:01月08日 著者:野地 秩嘉
疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)
[購入] 私はリラックスしすぎて体の機能が低下しすぐに疲れがでるタイプだな・・・。できそうなことを気楽にやってみよう。
読了日:01月10日 著者:安保 徹
スタイル・ノート (幻冬舎文庫)スタイル・ノート (幻冬舎文庫)
[購入] 参考にしたい。
読了日:01月10日 著者:槇村 さとる
やっと出会えた本物の家―テーマはエコロジーな健康住宅やっと出会えた本物の家―テーマはエコロジーな健康住宅
読了日:01月12日 著者:田中 慶明,若林 礼子
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
思っていたより読みやすい。
読了日:01月15日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)    新潮文庫ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 新潮文庫
イタリア半島統一。
読了日:01月17日 著者:塩野 七生
百姓貴族 (WINGS COMICS)百姓貴族 (WINGS COMICS)
[購入] 農業エッセイまんが。おもしろかった。
読了日:01月17日 著者:荒川 弘
オリエント急行殺人事件 (新潮文庫 ク 3-4)オリエント急行殺人事件 (新潮文庫 ク 3-4)
読了日:01月19日 著者:アガサ・クリスティ
センセイの鞄センセイの鞄
そのままいつまでも・・・だとおもったら。
読了日:01月20日 著者:川上 弘美
真昼なのに昏い部屋真昼なのに昏い部屋
いつまでもフィールドワーク友達でいてほしかったなぁ・・・。話を聞かない勝手な夫も好きになれなかったがジョーンズさんもずいぶん勝手な人だよね・・・。
読了日:01月20日 著者:江國 香織
どろんころんど (ボクラノSFシリーズ)どろんころんど (ボクラノSFシリーズ)
アンドロイドの少女が目覚めるとそこはヒトがいなくなったどろんこの世界。こんな世界になった理由がちょっとこわい。本の装丁、活字、イラストが凝っていて素敵。
読了日:01月22日 著者:北野勇作
夜行観覧車夜行観覧車
湊かなえさん初読み。表紙は素敵ですが・・・。人の弱さや嫌なところを見せられてどんよりする。極端だとは思うけど他人事ではないお話。
読了日:01月24日 著者:湊 かなえ
方丈記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)方丈記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
行く河の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず・・・までしか記憶になかった方丈記。このような読みやすいかたちになっていると古典ももっと読んでみようという気になります。若い頃の鴨長明は本当に災難続きだったんですね・・・。 章ごとの編者の解説は解説というより持論を主張する場となっており、これはこれで個性的でおもしろいと思った。普通の本文の補足的解説を期待すると嫌な気分になるかもしれない。
読了日:01月28日 著者:
こう考えれば、うまくいく。こう考えれば、うまくいく。
[購入] おもしろい。人生はキャンブルです。
読了日:01月29日 著者:日垣 隆

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »