« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

5月購入本・雑誌

【5月購入本・雑誌】

『「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに』
『40歳からのシンプルな暮らし』
『内なる宇宙』上・下
『d design travel SHIZUOKA』


Moe
ブルータス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

■残花亭日暦

田辺聖子さんの日記。
よく考えてみたら田辺聖子さんの小説は未読でした。いきなり日記を読んでしまう…。


この本では作家の仕事をしつつ夫と母の介護の生活をしているなか、夫が体調を崩し、送るまでの日々が淡々と、重くならず暗くならずかかれています。

実際は嵐の中にいるような日々なのではないかと想像するのだけど、日々しっかりと過ごしているところがすごいです。
私もそういうふうになりたい…。

残花亭日暦
田辺 聖子
404883861X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■不思議な羅針盤

いい感じの素敵なエッセイ集だと思った。

今まで読んだ梨木香歩さんのエッセイは、英国にいた頃のお話だったり、どこかに旅したときのお話が多かったような気がする。
自分の知らない場所の話を読むのも面白いのだけど、なんとなく自分とはずいぶん遠いところにいる人なんだなあという印象があった。

ところがこの『不思議な羅針盤』はすごく身近な感じがして、そこがよかったと思う。

不思議な羅針盤
梨木 香歩
4579304349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

■巨人たちの星

ガニメアンシリーズ3作目。
1作目からの謎がここで一気に解決した感じです。
『星を継ぐもの』だけ読めばいいや…と思ってたけど、ここまで読んできてよかったー♪
と、満足できた本でした。

巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
4488663036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■茨木のり子の家

以前、古いと汚いは違う。と言われたことがあります。
手抜き掃除愛好家の私には大変耳の痛い言葉です。

年数が経っていても、ちゃんと手入れしていれば、こんなに魅力的な家でいられるのですね…

凛とした佇まいの、住む人の雰囲気が伝わってくるような家です。

茨木のり子の家
茨木 のり子 小畑 雄嗣
4582834809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月に借りた本・4

最近、わが家ではバムとケロがなんとなくブームになってます。

・バムとケロのそらのたび

・下駄で歩いた巴里 -林芙美子紀行集-

・魅力ある知性をつくる24の方法

・ふたりはきょうも

・ふたりはいっしょ

・バムとケロのにちようび

・百年の家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

■古本道場

師匠岡崎さんが指令をだし、弟子の角田さんが古本屋さんへ行くというお話。

角田さんが選んだ本は私の興味をひかないものもあったけど、表紙の本の背表紙が並んでいる写真を見ているだけでわくわくと血が騒ぐ気分になるのは私だけでしょうか…。

古本道場
角田 光代 岡崎 武志
4591086275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■天地明察

おもしろそうな話だから、いつか読んでみよう。
読めるころには文庫本になってるかなー、と思っていた本。
意外と早く読むことになりました。


この本読むまで、暦を作る人がいたということすら考えつきもしませんでした。
実際、江戸時代に暦を変えるってことはすご〜く大変なことだったんだろうなと思います。
このお話では、それに関わった人達がとても魅力ある面白い人々となっていて、読んでる私までわくわくしてきました。


天地明察
冲方 丁
404874013X


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ABC殺人事件

オリエント急行アクロイドさんに続いて「超有名なのに実は未読のクリスティ本」だった、ABC殺人事件をやっと読みました。
これも普通に疑いなく素直に読んだので、すっかり騙されたのでした…。

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー 堀内 静子
4151300112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ガニメデの優しい巨人

『星を継ぐもの』は謎解きが面白くて、それ1冊だけでも十分楽しめる本でした。

面白かった本の続編って出せば出すほどイマイチになっていくことがあるからな…
と、読もうかどうか迷っていたのが、
この『ガニメデの優しい巨人』でしたが、

読んでよかったです♪


今作では1作目では推測でしかなかったガニメアンが現れて地球まで来ちゃったりします。
前作以上に都合よすぎで楽観的なお話ですが、
それだからこそ、安心して読めます(笑)
この本を読むと3作目も読みたくなってきました。

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
4488663028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

5月に借りた本・3

・巨人たちの星

・茨木のり子の家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

5月に借りた本・2

先日借りた本がまだ半分しか読了してないのに借りてしまった…。


・不思議な羅針盤

・残花亭日暦

・古本道場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

5月に借りた本

読みたい本リストの中から何冊かと棚を眺めてたら読みたくなった本何冊か借りてみる…。


・ガニメデの優しい巨人

・ABC殺人事件

・天地明察

・バムとケロのおかいもの

・夫婦脳

・天職は身をたすける!

・ビオファームまつきの野菜塾

・永田農法でつくるベランダ・屋上菜園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

◇40歳からのシンプルな暮らし

たまには購入本のことも書いてみる。

40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術
金子由紀子 小澤真弓
4396613938


本屋さんで見つけてしまい、どうしても今すぐ読みたくなる
が、ちょっと待て。

…もう少し待てば図書館で読めるかも…

…買ってもいい本は文庫本だけ。って決心したばかりなのに…

と、しばし葛藤したけど、今すぐ読みたい!には勝てず購入しました♪


内容は、

「これから」をラクに生きる自分整理術

40代くらいの女性向けのシンプルライフな本ですね。


気になった見出しいくつか。

・「掃除と探しものがラクになる」を目指す

・40歳になったら、しまいこんだモノはガンガン使う

・タダのモノをもらわない

・もう買い直さないつもりで買う

・自分の「耐用年数」を考える


今からでも友達は作れるし、年上の友人から学びつつ、健康を自分でキープする。というのには大変納得しました。
が、この本の内容のような普通の(よく考えれば当たり前の)話ができる友人知人が私には皆無なので、こういう本を今すぐ読みたくなり買ってしまうんだろうなあ。
と、いう事にも気づかされてしまうのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

■きみの友だち

先日、本屋さんにいったら、

学校の朝読におすすめの本コーナー

が、できていました。新学期だからかな…。
この本もその中にはいってました。

で、そういうおすすめ本は普段は読まないヒネクレ者な私だけど、重松さんの本だし、読んでみて良かったら子どもに勧めてみようかな〜と読んでみました。


結論を言いますと…
こういう小説を親から勧められても私なら素直に読めないなぁー、と思ったのでした。

そして、
読書は現実逃避!な私には、
リアルな設定の話よりSF&ファンタジーな話が好みなんだと改めて感じたのでした。
そういう自分が好きなお話を子どもに薦めても、趣味が違うようで反応はいまいちなのですよね・・・。

きみの友だち (新潮文庫)
重松 清
4101349223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■小学五年生

『くちぶえ番長』が子どもに大好評だったので、こちらはどうかな?と読んでみました。

国語の教科書に載りそうなお話…という感じ。
今まさに小学生の子達が読んだらリアルに感じるのかなあ。

小学五年生
重松 清
4163257705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

■探偵ガリレオ

ドラマ化されてて超有名。
…だから読む気になれなかった本。


ついに読んでみました!


TVの影響(パロディとか)が大きくて、イメージがちょっと違いました…。
刑事の草薙と湯川のコンビがおもしろいです。

探偵ガリレオ
東野 圭吾
4163177205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■きみにしか聞こえない

乙一さん初読み。
今までなんとなくスルーしていた作家さんでした。


普段、あんまり小説を読まない息子が本屋さんで、

「この本読みたい。」

と、言ったので購入したのが乙一さん…じゃなくて(汗)
『リアル鬼ごっこ』でした
(こちらは私にはちょっと合わなかった…)

で、その横に平積みになってたのが、乙一さんだったのでした。

こちらも息子向きの本かな〜と思って読んだのですが、
これが予想外に私好みの話でした。
何でもっと早く読まなかったんだろう…。
他の乙一作品も気になってきました。

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
乙一 羽住 都
4044253021

calling you…映画の曲ですよね。この曲も好きなんです。
コーリング・ユー ~バグダッド・カフェ ― オリジナル・サウンドトラック
コーリング・ユー ~バグダッド・カフェ ― オリジナル・サウンドトラック


バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]
B00008BOFQ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書メーター 4月のまとめ

5月になりました。
世の中ゴールデンウィーク。曜日の感覚がなくなってきてます。
購入本がなかなか読了できず、積読本が増加中です。


4月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2557ページ

バムとケロのもりのこやバムとケロのもりのこや
本屋さんで見掛けてとっても読みたくなった絵本。じっくり読みます。
読了日:04月08日 著者:島田 ゆか
東大合格生のノートはかならず美しい東大合格生のノートはかならず美しい
子どもがこの本に興味を持ったので借りてみました。
読了日:04月08日 著者:太田 あや
森崎書店の日々 (小学館文庫)森崎書店の日々 (小学館文庫)
たまには古本屋さんに行ってみたいなーと思いました。
読了日:04月12日 著者:八木沢 里志
博士の本棚博士の本棚
未読の本ばかりでした・・・「富士日記」今年こそよんでみようかなぁ。
読了日:04月14日 著者:小川 洋子
水曜日の神さま水曜日の神さま
年々出不精になっていく私。自分は海外へ旅しようと思わないけど、角田さんの旅の話をどきどきしながら読むのはとても楽しい。
読了日:04月14日 著者:角田 光代
きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
乙一さん初読み。今までなんとなく避けてた作家さんでしたが読んでみたら面白かった。他の作品も読んでみたい。
読了日:04月15日 著者:乙一
探偵ガリレオ探偵ガリレオ
ドラマにもなってて有名すぎて今まで避けてた本。短編集なので話がすっきりしていてよかった。
読了日:04月18日 著者:東野 圭吾
「時間」の作法  角川SSC新書 (角川SSC新書)「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)
[購入] 合理的な作法の数々。ひとつくらいは真似してみたい。
読了日:04月19日 著者:林 望
小学五年生小学五年生
おとながこどもの頃を思い出して懐かしくなる短編集。こどもに薦めようと思って読んだが、今まさに五年生の子は面白いと思ってくれるだろうか・・・。
読了日:04月20日 著者:重松 清
きみの友だちきみの友だち
今だから、読むことができる本。もし中学生の頃にこういう内容の本を見かけたとしても素直に読めなかったと思う。
読了日:04月21日 著者:重松 清
自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
[購入] 何だか面白い人だなーと思いました。著作をほとんど読んでないので初期のものから読んでみたい。
読了日:04月26日 著者:森 博嗣
歩く姿勢が美しくなる本 (中経の文庫)歩く姿勢が美しくなる本 (中経の文庫)
[購入] 時々読み返して自分の姿勢を反省したい。
読了日:04月30日 著者:KIMIKO

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »