« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

■アンソロジー内容総覧 児童文学

子どもの頃読んだ童話を何故か急に思い出して再読してみたくなることがあります。

でもその本は、もう家に無くて、題名も作者も思い出せない。しかも、アンソロジーの中の一作品だったりします。
そんなはっきりしない手がかりでネットでぐぐってもイマイチで、諦めるしかないかなーと思ったら、この本の存在を知りました。


アンソロジー内容総覧 児童文学
日外アソシエーツ
4816916679


これで調べて駄目なら、もう放っておこう、と思いつつ、調べてみました。
私が行った図書館では貸出しもしていたけど、重たかったので(汗)
閲覧のみしました。
ちょっと調べれば、簡単に判ると思ったんです。


以下、自分の備忘録としてだらだらと書きます。

続きを読む "■アンソロジー内容総覧 児童文学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月に借りた本・3

調べたいことがあって、図書館にいったついでに借りてしまいました…。


・自分力を高める

・おんなのことば

・はたらきたい。

・地震イツモノート

・伊藤まさこの雑食よみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

◇SF&ファンタジーガイド 摩由璃の本棚

購入本。

[購]SF&ファンタジーガイド 摩由璃の本棚

ついに再購入してしまいました。
 
絶版で現代教養文庫もとうになくて題名も半ば忘れかけてた本だったのですが、もう一度、読んでみたくなってしまったのです。
 
以前買ったときも(多分1991年頃)古本屋で発見して購入したのですが、手放してもすぐ見つかるよ〜と楽観していた私が甘かった。そのうえ「どうしてもまた読みたい」なんて思う日が来るとは夢にも思わなかったのでした…。Amazon様どうもありがとう♪
 
 
などと思い出に浸りつつ、あれからどれだけこの中で気になってた本を読了したのか読み直してました。
 
この本で紹介されて気になってた
『指輪物語』も
『ゲド戦記』も
『夏への扉』も
『空色勾玉』もみんな読了できました。
あと気になる未読本は『光車よ、まわれ!』くらいかな…。
 
 
それにしても、この本は著者が当時女子大生だったからか文末に☆★がついたキャピキャピっとした文章だった記憶があったので、覚悟して再読したのですが、読んでてあまり気にならなかったです。
きっと今ならば、ブログでキラキラと絵文字全開の読書案内って感じになりそうです。
それはそれでおもしろそうかもしれません・・・。
 
 

SF&ファンタジー・ガイド―摩由璃の本棚 (現代教養文庫)
神月 摩由璃
4390113135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

8月購入本・雑誌

8月も後半になりました。
積読本をちょっとずつ消化してますが、今月も本買ってるので減りません…。

【8月購入本・雑誌】

『僕僕先生』
『人とつながる表現教室。』
『Fantasy Seller』
『鞄図書館』
『SF&ファンタジー・ガイド 摩由璃の本棚』
『スロトレ式 ソフトストレッチ』
『12ヵ月のクロゼット』
『からだはみんな知っている』
『道草びより』
『ヨガで身体を躾ける』
『科学的とはどういう意味か』
『100円グッズでスイーツデコ』

クレア9月号
ブルータス9/1号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

8月に借りた本・2

暑い夏休みも後半になりました。


・鏡のなかの鏡 -迷宮- エンデ全集8

・読書力

・生きて行く私

・くいいじ 下巻

・毎日かあさん 5〜7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

■園芸少年

園芸少年 (講談社コミックスなかよし)

こちらの漫画のほうを先に見つけて、一巻完結っぽいし、買おうかな〜と思ったら、原作があることに気付いて、読んでみることにしました。
図書館でも、児童書のコーナーにあるだけあって、読みやすくあっという間に読了しました。

さわやかで素敵なお話です。
いつも草花を枯らしてばかりの私だけど、もう少しがんばって園芸に取り組みたい!と前向きな気分になりました。

園芸少年
魚住 直子
4062156644

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■自由の牢獄

初ミヒャエル・エンデです。
『モモ』も『はてしない物語』も未読なのです。

短編集のようだから、まずはこの本から読んでみよう、と安易に手にとってみましたが、読んでいて先の見えないなかなか読み応えあるお話ばかりでした。

全部で8編。実はなんとなくほんわかしたメルヘンファンタジーを想像していたのですが。
そんな私にしょっぱなからガツンと衝撃をあたえてくれたのが「遠い旅路の目的地」でした。
そのほかでは、
「ミスライムのカタコンベ」
「道しるべの伝説」
が気になりました。

さらっと一気に読んで、あー面白かった。というお手軽な話ばかりでなく、この本のような時々じっくり読み返したくなるような本もたくさんみつけたいものです。


自由の牢獄 (岩波現代文庫)
ミヒャエル エンデ Michael Ende
4006021283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

◇内なる宇宙(上・下)

購入本。

ガニメデアン三部作
『星を継ぐもの』
『ガニメデの優しい巨人』
『巨人たちの星』
のその後。
図書館にないので、あきらめていたのだけど、古本屋で見かけて読む気になりました。

『星を継ぐ者』からシリーズが進むにつれて、だんだん違う印象のお話になってきました…。

前三作より人物がたくさん出てきてる気がします。
その中でも、ダンチェッカーは相変わらずだけど、ハントはますますできすぎクンだし、そのうえヴィザーは最強すぎて凄すぎです。
ご都合主義でも、めでたしめでたしで終わるお話は安心して楽しく読めます。

内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫) 内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■読書のチカラ

以前読んだ『読書力』と比べると、随分マイルドな言い回しになったような気がするなぁ。という印象。
とは言うものの、「読書しない人間は人にあらず」とか相変わらず厳しいですが。

たまには自分には無理と思うような難しい本も挑戦してみたいです。

読書のチカラ
齋藤 孝
4479793178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

■日記をつける

それにしても、古今東西いろいろな人の日記がよくもまぁこんなに残っていたものだ、と感心してしまいます。
人に見せるつもりではなくても、書いてあれば後々まで残るし、うっかり出版されてしまったりします。
それってちょっとこわいかも。


でも、見られるのがこわいからって何も残しておかないと、自分の行動や思ったことなんて、あっという間に忘れ去ってしまう。
後から読み返して、今の自分へのヒントになるといいなと思いつつ、手帳に書いたりブログを書いたりする。


ブログにも大変お世話になっているが、この本を読んでいたら、手書きの日記をつけたくなってきた。
沢山は書けないけど、今月1ヶ月位、まずは書いてみようと思っています。


日記をつける (岩波現代文庫)
荒川 洋治
4006021798

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

8月に借りた本

子どもの夏休み中は、購入未読本消化月間。
と、思ったのですが、図書館に子ども達を連れていったら、当然のように私も借りてしまいました。積読本がなかなか減りません…。
子ども達は、うちの3姉妹とウォーリーを借りてうれしそうです。


・自由の牢獄

・園芸少年

・日記をつける

・からだが変わる体幹ウォーキング

・幅書店の88冊

・読書のチカラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

読書メーター 7月のまとめ

7月は夏休みを目前にしてあせり、
夏休み前に返却せねば・・・と思っていたのですぐ読了できる本ばかり借りていた気がします。
そして、8月は未読の積読本消化月間にしようと思っています。

7月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:5216ページ
ナイス数:31ナイス

彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)
とにかく最終巻まで読むことができて本当に良かったです。
読了日:07月01日 著者:雪乃 紗衣
紫式部日記  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)
紫式部ってもっと難しい人だと思っていたが、とても人間らしく親しみをもって感じられた。現代語訳、原文、解説となっていて、とてもわかりやすく読みやすい。
読了日:07月01日 著者:紫式部
女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)
[購入]これからこういう症状がでてくる・・・かもれないと知っておくだけでも読んでよかったと思う。
読了日:07月05日 著者:木村 容子
お父さんは時代小説が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)お父さんは時代小説が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)
「咳をしても一人」の作者は全く知りませんでした(汗) 今ならネットですぐわかっちゃうけど、以前はこんな感じだったなーと思い返しながら読みました。それにしても周りに本好きのかたが多くてうらやましいです。
読了日:07月06日 著者:吉野 朔実
ユニクロと古着、経済的に得なのはどちらか デフレ時代を生き抜く経済学ユニクロと古着、経済的に得なのはどちらか デフレ時代を生き抜く経済学
設問にたいしての森永さんの答えが私の考えと違うものが意外と多かった。まぁそういう考えもあるよね。と思いながら読みました。
読了日:07月07日 著者:
雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック
とにかく雑草は早めの対応が大切だと改めて思いました。
読了日:07月08日 著者:ひきちガーデンサービス,曳地トシ,曳地義治
高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)
久々の勝間本。この題名がどうも好きになれなくて、今まで読む気になれなかった。内容は納得できるし読みやすいいつも通りの勝間本でした。
読了日:07月08日 著者:勝間 和代
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
私は「残念な人」だなぁ・・・。
読了日:07月10日 著者:山崎将志
足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )足りないくらいがおもしろい (山本さんの愉快な家事手帖4 )
足りないくらいがおもしろい。と言えるようになりたい。
読了日:07月11日 著者:山本ふみこ
くいいじ 上巻くいいじ 上巻
素敵な食べ物本でした。下巻も楽しみ。
読了日:07月12日 著者:安野 モヨコ
一生、女の子一生、女の子
こういう女の人になれるよう今からでも心がけてみたい。小説も読んでみようと思います。
読了日:07月13日 著者:田辺 聖子
シャツのお直しシャツのお直し
読了日:07月13日 著者:ヌーカフェ
史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド (小学館101新書 56)史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド (小学館101新書 56)
[購入] こういう指導者のもとでサッカーができるといいなと思う。
読了日:07月15日 著者:ジョアン・サルバンス
1日10分からのソーシャルネット入門 ~いいことを引き寄せるFacebook時代のネットの使い方1日10分からのソーシャルネット入門 ~いいことを引き寄せるFacebook時代のネットの使い方
[購入] 『夢をかなえるツイッター』が面白かったのでこちらも読んでみる。第2章の、"Twitterは「自分速報」..." などの例えかたがわかりやすかった。
読了日:07月15日 著者:内藤 みか
カフェかもめ亭 (ポプラ文庫ピュアフル)カフェかもめ亭 (ポプラ文庫ピュアフル)
[購入] 「クリスマスの国」がよかった。
読了日:07月16日 著者:村山早紀
ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?
[購入] なかなかうまく伝えられないことがわかりやすく書かれていてよかった。
読了日:07月17日 著者:遠見 才希子
「塾いらず」でわが子の学力を伸ばす法 (PHP文庫)「塾いらず」でわが子の学力を伸ばす法 (PHP文庫)
[購入] 子どもに寄り添い見守るのは意外と大変なこと。つい塾に丸投げしたくなってしまう・・・。
読了日:07月19日 著者:岡本 浩一
本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み
[購入] 知らないウェブサービスがいっぱいありました。
読了日:07月20日 著者:佐々木 俊尚
なぞの転校生 (角川スニーカー文庫)なぞの転校生 (角川スニーカー文庫)
角川文庫版を読んだ。解説が手塚治虫だったのでびっくり。
読了日:07月21日 著者:眉村 卓
かばん屋の相続 (文春文庫)かばん屋の相続 (文春文庫)
[購入] そういえば、相続でいろいろあったかばん屋さんがあったなぁ・・・と思いながら読んでみました。銀行屋さんの短編集。現実にありそうな話ばかりで面白かったです。
読了日:07月21日 著者:池井戸 潤
自分をいかして生きる (ちくま文庫)自分をいかして生きる (ちくま文庫)
[購入] 働くことについてこんなに考えるのは若い人だからかなーと思ったら自分より年上のかただったので、おどろきました。
読了日:07月25日 著者:西村 佳哲
お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)
[購入] 単行本は随分前に出版されていたようですが、最近書かれた本のような感じがしました。
読了日:07月28日 著者:糸井 重里,邱 永漢
知らないと恥ずかしい家事のチョー常識 (KAWADE夢文庫)知らないと恥ずかしい家事のチョー常識 (KAWADE夢文庫)
[購入] 知っていても面倒だからやらない・・・ことがあるのでせめてこの本に載っていることくらいはやっておこうと思いました。
読了日:07月29日 著者:

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »