« ■謎解きはディナーのあとで | トップページ | ■メソポタミヤの殺人 »

2012年1月12日 (木)

■ネオカル日和

エッセイですが、辻村深月さん初読みです。

小説家さんのエッセイってものすごい読書量や豊富な知識や体験に圧倒されてしまうことが多いのだけど、この本は共感できるところが多くておもしろいです。
でも共感できるわりに、思っていたより若い方でした…もうちょっと年近いかなと思ってたので(汗)

ドラえもんとかパーマンをちゃんと読んでみたくなりました。
辻村さんの小説のほうも読んでみよう。


ネオカル日和
辻村 深月
4620320862


|

« ■謎解きはディナーのあとで | トップページ | ■メソポタミヤの殺人 »

読んだ本・2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ネオカル日和:

« ■謎解きはディナーのあとで | トップページ | ■メソポタミヤの殺人 »