« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

■闇の左手

設定はSF、舞台はファンタジーなお話でした。
どちらも好きなのでよかった。
地味な感じの話ですが、いつまでもじーんと印象に残ります。


この表紙がイメージぴったりで素敵です。
闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))


だけど借りた本はこの表紙・・・。これはこれでSFっぽくていいんですが。
121128_141501_3

ハイン人の世界をもう少し読んでみたくなりました。


闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))
アーシュラ・K・ル・グィン Ursula K. Le Guin
415010252X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

■モモ

超有名で、子ども向けのおすすめ本の特集があると必ず入っている本。
それなのに、というかそれだから今まで未読だったのですが。

『自由の牢獄』がミヒャエル・エンデの初読み作品でした。
この本を読んでしまったら、やっぱりエンデの他の代表作…『モモ』や『はてしない物語』も読んでみなければなぁーという気持ちになりました。


で、ようやく『モモ』です。
簡単なあらすじはもう何回も目にしているから、どうやって「時間どろぼう」に立ち向かうのかが気になっていましたが、読み始めるとモモの不思議さに引き込まれていきました。

一方で、時間どろぼう達の言うことは大人になってみると、普通のことのように聞こえるところが、ちょっと恐ろしさを感じたのでした。


多くの人が名作という本は、一度は読んでみるものかもしれない…。と、ようやく思うようになりました。


モモ (岩波少年文庫(127))
ミヒャエル・エンデ
4001141272

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月購入本・雑誌

最近、毎月こつこつと家の本を減らしているつもりなのですが、本の購入が止められません…。

【11月購入本・雑誌】

『10分あれば書店に行きなさい』
『抱きしめられたかったあなたへ』
『本を開いて、あの頃へ』
『SFはこれを読め!』
『世界で勝負する仕事術』
『祈りの海』
『ソラリスの陽のもとに』
『これから始めるクラウド入門』
『使い分けるパソコン術』
『「意識の量」を増やせ!』
『「女のしあわせ」がなくなる日』
『ソーシャルもうええねん』
『無伴奏ソナタ』


クロワッサン
an・an

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

11月に借りた本

読書意欲がイマイチなのに借りてしまいました…。

・モモ

・闇の左手

・考え方のコツ

・忘れられた日本人

・老いの道連れ

・「これまでも、これからも」好きなもの

・TOKYO図書館紀行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

読書メーター 10月のまとめ

もう11月です。早いですねー。

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:4046ページ
ナイス数:23ナイス

あたらしい書斎あたらしい書斎感想
[購入]
読了日:10月5日 著者:いしたにまさき
沢村貞子の献立日記 (とんぼの本)沢村貞子の献立日記 (とんぼの本)感想
[購入] 料理の写真があるのがとてもいいです。
読了日:10月5日 著者:高橋 みどり,山田 太一,笹本 恒子,黒柳 徹子
死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)死人の鏡 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
[購入] 短編集。いつ読んでも安定のポアロさんです。
読了日:10月6日 著者:アガサ・クリスティー
終りなき夜に生れつく (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)終りなき夜に生れつく (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
[購入] そのトリックなんだ・・・と知りつつも最後までドキドキしながら読みました。
読了日:10月7日 著者:アガサ・クリスティー
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)感想
[購入] 「ピアピア動画」と同じく楽観的でおもしろく読めました。
読了日:10月8日 著者:野尻 抱介
しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)しあわせの理由 (ハヤカワ文庫SF)感想
[購入] イーガン初めてなので、まずは短編集から。最初の『適切な愛』でグロテスクな想像してしまい読むの止めたくなったけど、あとは何とか読むことができました。読みやすいお話ではないので好き嫌いがはっきり分かれそうな感じ。
読了日:10月12日 著者:グレッグ イーガン
武器としての交渉思考 (星海社新書)武器としての交渉思考 (星海社新書)感想
[購入]「自分の立場ではなく、相手の「利害」に焦点を当てる」全くもってその通りだとわかっちゃいるけどついつい自分の立場を主張しがち…。忘れたころに再読したい本。
読了日:10月14日 著者:瀧本 哲史
ぬるい生活ぬるい生活感想
これってそろそろ更年期…?と思いたくなる最近の自分の体調にぴったりの本でした。
読了日:10月17日 著者:群 ようこ
10代の本棚――こんな本に出会いたい (岩波ジュニア新書)10代の本棚――こんな本に出会いたい (岩波ジュニア新書)感想
10代の子達にお勧めする本のヒントになるといいなと思って読みました。自分が読んだけどイマイチだった本もあり、未読の本もあったり。
読了日:10月18日 著者:あさの あつこ
宇宙飛行士になる勉強法宇宙飛行士になる勉強法感想
勉強法じゃなくて、自伝っぽい本。1項目が2ページでまとまっているので読みやすかったです。
読了日:10月18日 著者:山崎 直子
サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)感想
[購入] 順風満帆にサッカー選手になりましたーという人はいないんだなぁと改めて思いました。
読了日:10月18日 著者:伯井 寛,巴 康子,赤澤 竜也
松浦弥太郎の新しいお金術松浦弥太郎の新しいお金術感想
お金とのつきあいかたをよく考えようと思いました。
読了日:10月19日 著者:松浦 弥太郎
ペロー童話集 (岩波少年文庫 (113))ペロー童話集 (岩波少年文庫 (113))感想
訳者が天沢退二郎さんなので読んでみました。知っていた童話の別バージョンが多かった。「教訓」に笑ってしまった。
読了日:10月20日 著者:シャルル ペロー
世界の夢の本屋さん2世界の夢の本屋さん2感想
素敵な本屋さんばかりでうっとりしながら眺めていました。日本の本屋さんもあってうれしい。
読了日:10月23日 著者:清水 玲奈
愛の探偵たち (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-55 クリスティー短編集 9)愛の探偵たち (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-55 クリスティー短編集 9)感想
短編集。題名でネタバレの話ってどれ?と読了後題名を改めて見直したら…あっ!!!とびっくり。
読了日:10月23日 著者:アガサ・クリスティー

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »